忍者ブログ
 スパロボとネギまについて、色々一人言。
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
魔人GO!
性別:
非公開
最新コメント
[02/06 魔法生徒ナナし!]
[06/15 ナイトー]
[05/03 NONAME]
[05/01 NONAME]
[04/30 黒猫]
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、諸事情で遅くなりましたが、256話の感想を少々。

 一言でまとめると、


256.jpg
 


















「結局、今回もネギくんの成長は無しか……」

 です。

 相変わらず自分本位で、皆で決めたことをひっくり返しますよね、ネギは。

 物事を深く考えない、単純熱血で信念を貫くタイプのキャラクターには、無茶とか不利だと分かっていても、突き進むのはよくある話。むしろ個性なのですが……
 ネギはそういったタイプではなく、深く考えて悩んでしまうタイプなので、状況に合わない違和感を感じてしまいます。

 学習能力がなさ過ぎます。
 もう、これはギャグとしてしか、受け止めようがありません(汗笑)

 前回、明日菜が斬られて倒れているのに、刹那に撤退を迫られても渋ったり、撤退後には「あなたはボクが守ります」と発言してみたりとか、【言動と行動の不一致】の箇所をいくつか感じました

 これが前振りなのか否かはさておき。
 今回の「舞踏会には一人で行く」発言は、何も考えていないと同意義の行為だと思います。

 反証的に考えてみたのですが……

 「自分一人で舞踏会に出れば、皆さんの時間稼ぎ~」との発言から、父親の情報も得られ、指名手配も解かれ、護衛もつく。 戦闘能力的に足手まといさえいなければ、ネギの能力を考えれば、脱出するだけなら用意かも知れない。
 そういったメリットがあります。

――あくまでゲーデル総督の言葉が真実だとすれば、ですが。

 まず、今の突きつけられた状況は、以前のフェイトと会談したときと、状況はほぼ同じだと言えます。
 身分的にテロリストではないですが、自分の本意を出さず、心理的圧迫をかけながら餌をぶら下げて、相手を意のままに動かそうとする。
 これはフェイトの行ったことと、何ら代わりはありません。

 実力行使も辞さないと脅迫する相手の言うことを、鵜呑みにするのが危険だと分かっているならば、単独行動という選択肢がまずあり得ません。

 なぜならば、敵の目的がいざ知らずの中で、パーティ中、最大の戦闘力はであるネギがパーティから離れるからです。
 仮に舞踏会に出るネギは、自分に降りかかる火の粉を、自分で振り払うことができる。

――では、他のパーティの面々はどうでしょう?

 仮にゲーデル総督が約束を守らなかった場合の考慮は、全くされていません。
 仮に約束が守られたとして、指名手配を取り消した後に、新たなる罪状や権威を持って拘束することは、彼の「正当防衛」の言葉から、十分に考えられるのですが。

 また、ゲーデルが手を出さなかったとして、フェイトが明日菜を手に入れるために、行動を起こす可能性を考慮もしていませんよね。
 現時点において、偽物に入れかわっていることを知らない以上、フェイトが依然として明日菜を狙っていると考えるのが妥当なところ。
 いつフェイト側が仕掛けてくるのか分からない中、ネギがパーティから離れるという選択肢は、まずあり得ないと考えるべきです。

 この手のことが、頭からすっぽり抜けている以上、ネギの出した結論は

【自分の我が儘の正当化】もしくは【学習能力が無く、浅慮である】

と、私には感じてしまうのです。

 

 また、最後に明日菜のことについて相談するシーンがありました。
 パーティ内に話をする前に、明日菜とより親しい人間に相談するのはありなのですが……

 その前に夕映のことを、パーティ――特に親友のハズの、パルにはすぐ知らせるべきではないかと思います。
 パクティオーカードがあるのだから、念話でも召還でも良いはずなので。
 完全に夕映のことは、眼中にないのは、もうストーリーの都合と言わんばかりです。

 それと、前回の感想にも書きましたが、
 【夕映が街にいる以上、フェイトの元にある2つめのバッチは?】

 という、事実に誰も突っ込まないことにも疑問が生じます。

 千雨や朝倉、茶々丸辺りは気がついても良い話です。
伏線と存在させていして「わざと回収しない」のは、都合が良すぎると感じられてしまいます。
 せめて、1コマでも疑問を感じる、もしくは謎を解明しようと動く面々を出して欲しいと思います。


まぁ、総括すると……

明日菜の言動行動は、スカッとしたけど、
物語の矛盾を解決するのもそうなのですが、ネギは一体いつ成長できるのでしょう?

といった感じです。

 

拍手

PR
eva.jpg

























ハイ、すいません……(汗)

と、エヴァ様に怒られたので、お茶会のことでグダグダ言うのは止めます。

エヴァ(本人)の未登場ッぷりに比べれば……ねぇ?(笑)

……おや? 誰か来たようだ――(爆)

拍手

 お茶会は当分引きずりそうで、何も言えないというか、ふて寝したくなる。

 赤松先生の日記には「ネギまを嫌いにならないでね」とあった。
 さすがにそれは無いけれど、しばらくネギま関係に力を込めにくいなぁ……とは思う。
 しょうがないじゃない。考えれば考えるだけ、羨ましいんだもの!(爆)


 まぁ、愚痴はこの辺で(笑)
 サクッと、いつもの批評的感想を。


255-1.jpg
255-2.jpg





















今週のネギまの感想、第一声は……

 「やっぱり……」

でした(笑)

 案の定、話を引っ張って、夕映の話も総督の話も決着つかずでした。
 っていうか、完全に夕映の話ぶっ飛んだよね。
 印象にも残らないほどに……

 何にもまして、いつもと同じように
 「自分は生徒を忘れません、守ります」的な、感動に持っていこうとしています。

 生徒を忘れてぶち切れたネギに、この言葉は何の説得力もありません。
 っていうか、今、この段階においても夕映の事とか忘れて、総督のこと考えているだろう(笑)
 それと、捕らわれているアーニャのこと、敵に捕まっているのなら、一刻も早く救出するべき何だけど……

 まさか、舞踏会に出席したりしませんよね?

 もう何度目とは、以前にも書きましたが。
 もはや様式美といえるほど、パターンを感じられます(汗笑)

 伏線という言葉がありますが、伏線はただ張れば良いというモノじゃないです。
 きちんと、回収してこそ意味があります。
 また回収にしても、伏線が解答へと繋がるモノでなくてはいけません。

 何故かと言えば、そこにカタルシスが発生しないからです。

 伏線というのが、概念的に難しいと思われる方々がいらっしゃるかも知れませんので、例えとして推理小説をあげます。

 推理小説のおもしろさは、端的に言えば、

 「謎の提示と、それに対する【合理的】な解決が示される」

 事だと思います。
 
 重なり続ける謎も、予想も付かない展開も、ラストで見事にすべての行動、現象に解決を付けられた時に、カタルシスが産まれてくるわけです。

 ただ伏線を張っておいて、
 「実は○○だったんだー」→「なんだってーー!」
 の連続が、合理的な解決とは言えません。

 ちなみに延々と続く解説は、推理小説だからOKなのだというのは、ご理解下さい。

 今のネギまの伏線の張り型は、合理的解決が私には見えません。
 設定を都合のいい方にばかりに流してると、伏線は伏線にならず、いい訳にしかなりません。
 故に、カタルシスが発生せず、おもしろみが少ないのだなと、自分的には感じました。

 ネギくんの成長、いつになったら見られるのかなぁ……(笑)


 そういえば、雷天大層2ですけど、溜無しの無詠唱でもできるんですね。
 どこまでレベル高いのやら、想像もつきません。
 
 これらにきちんと解答が出せたら、きっと大作間違い無しなんでしょうけどね~~

 ハードルあげて期待してますよ、赤松先生(笑)

拍手

 「ネギのお茶会2」 どうやら一般枠も報道枠も落ちたッポイです。
 トホホ、やっぱり世の中そう甘くないと言うことですね、はい。
de8c95d9.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな妄想絵を考えるようなサイトじゃ、ダメッスよね(汗笑)
まぁ、それはさりとて、また後で255時間目の感想をあげます。

「幸福材料でいこう!!5時間目」のDLが、DLsiteさんとDMMさんで開始されました。
詳細はHPの方で。よろしくお願い致します。 18禁ですので、そこの所よしなに(爆)

拍手

ff080d0b.jpg



























b42a596e.jpg




























0094969e.jpg













 さて、ネギまを読み直していて気がついたのですけど……

 超の呪紋処理ですが、ネギの「夜と闇の型」と似ていますよね。

 ネギが雷に対し、超が炎を取りこんで、武装していたとすると……
 超の子孫話は、アナガチ嘘じゃなさそうですね。

 超の魔力はほとんど無いので、これで強化をしていたとか。
 ネギがこれを知っていたから、呪文の開発のイメージができていたとか……

 伏線だとしたら、凄いよなぁ。
 時間が経ちすぎているのとか、1コマでもそのことについて触れていれば、また受け取り方も変わったでしょうに。

 凄く惜しい……

拍手

忍者ブログ [PR]