忍者ブログ
 スパロボとネギまについて、色々一人言。
カウンター
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
魔人GO!
性別:
非公開
最新コメント
[02/06 魔法生徒ナナし!]
[06/15 ナイトー]
[05/03 NONAME]
[05/01 NONAME]
[04/30 黒猫]
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

258-1.jpg























 よし、考察とは別のラインで読み切った(笑)

 それはさておき、考察の方もほぼ当たっている感じで、ホッと一安心。
 のどかが一説を出していますが、それに関しては確定情報じゃないので、まだ保留と受け取っています。
 この辺を含めた考察は、次回に回すとしまして、今回の感想などを一つ。

 いろいろと重箱の隅をつつくような所もあるんだけど、その辺はざっくり割愛して……


 まずは、さりげなく、夕映と合流することになっているけれど、いつの間に連絡を取ったのだろうか?
 例え一コマでも、そこを描写することが必要だと思います。 流れで読んでいる私は、違和感をかなり受けました。
 少なくとも、先々週より続く

 トサカのキャラの掘り下げより、よっぽど重要

 
なことだと思いますが。

 同じ事が言えるのが、ネギの一人言より、「人造異界の存在限界・崩壊の不可避性」についての論文です。
 これも、非常に重要な情報だと思うのですが、今までに全く出てこなかった話です。

 例えば、ナギが京都で調べていた書物の中にあった~ 等の描写が有れば、伏線として(出すタイミング等は、また別の話)機能するかも知れないのに、今の描写だと、

 「何でネギがそんなコトを知ってるの?」

 という疑問を持つ読者が、少なからず出るのではないでしょうか?

 そういえば、父親の調査に来たハズが、思わぬアクシデントがあったにせよ、結局情報は人づてに教えてもらえたり、
向こうから転がってきたり、 「自分で調べる」というアクティブなことは皆無ですよね。
 そのせいなんでしょうか、ネギが努力とか描写しても私の心に響かないのは?

 情報密度が高いと言うことは、すなわち、読み解く楽しみをも内包しているのでしょうから、
 そこを楽しみにしている私のようなタイプの読者には、少々不満が残ります。
 情報密度が高さが売りなのも理解しますが、読者の脳内補完に頼らず、もっと基本的な情報を描写して欲しいと思います。

 あ、夕映は合流として、バッチの数が合わないことは、本気で誰も気がついていないんでしょうかね?
 本気だとしたら火星問題以上に、全員、うっかりが過ぎるよなぁ。


 次に、平和な学園の日常に戻れなくなるかもしれないと、千雨が絶妙なツッコミをしているのに、
 ここでネギのセリフに焦点を当ててしまうのが、何とも惜しいと思った。
 ここは逆に、

 「自分の覚悟はあるが、ついてくるあなた方にその覚悟はありますか?」

 と、再度問うて、ネギ部の絆を示してほしかった。  ネギの決意は、散々示されているのだし、敵のお膝元、決戦前に絆を示すのは王道だと思うのだけど。

 それに、クラスの皆を無事返すのが最優先と言ってみたり、父さんと世界の謎のことを中心に据えたりして、
 ネギの心理状態を萌えと燃えの行動原理にしたいのは理解できるのだが、
 交互に出すのは比較になるので、反発を産んじゃうのも事実。

 絵ではできているのかも知れないが、
 構成的に萌と燃えの融合はできていない
 のが、非常に残念だと思いました。

 付随して……

 闇魔法に、リスクもデメリットもコストも感じられないのも惜しい。

 闇魔法のデメリットについては、あるような感じで描写されているが

「それが何で、どのようになる」

 とは解説されていない。

 しかも治療をすれば、そのデメリットは抑えられるらしいとくれば、
 後々解説しても、緊迫感とかのない後出しジャンケンのように感じられてしまうのは、何度もおなじみのことで……
 
258-4.jpg



























ラカン良いこと言ったっ!!

これが……ってやつだよ。
っていうか、生徒のために力と気持ちを向けるんだ!!

「わずかな勇気がほんとの魔法」

 を体現したネギが、描かれるのを信じてるぜ!!




 そうそう、気になることがあと2つ……

 一つは……
258-2.jpg






















 ネギが舞踏会会場へ向かうところの、1コマをアップにしたものですが、これって……

 擬装用猫耳をつけた龍宮と、タカミチ

 に、見えませんか?
 黒礼服が多い中、白いスーツ……どうでしょう、穿ちすぎカナ?(笑)

 それと、
258-3.jpg





















 これ、「錬金3級まじかる?ぽかーん」が脳裏に浮かんだ(爆)

 ラカン3級、欲しいなぁ~

 

拍手

PR
ネギま!部屋(楊さんのページ別館)で、昨日の夜行われたwebラジオを拝聴いたしました。

 もっとも、諸処の都合で後半だけだったので、今DLして改めて聞き直しているのですが(汗)
 その中で話題に、火星のお話が出てきまして、そこで前回私の書いたMMRの事が言われていました。
 取り上げてくださって、感謝です(平伏)

 で、その点でちょいと捕捉をば、一点。 聞いてらっしゃらないかたは、DLできますので、拝聴してからどうぞ。


 異界の発言の件につきましては、私も気がついていました。 他にも魔界についてとかの話もありましたし。

 ただ、時間と空間を説明するのに、位相の異なる世界の概念が「あいまい」すぎるのです。

 例えば、時間の概念はどうなっている。 位相がずれているとすると、その場合、位相がずれた地球などもあるのか?
 それとも、位相のずれた世界は、パラレルワールドの概念扱いなのか、それとも全く異なる次元と世界が繋がっているのか?
 それらの推論までするには、情報が足りないと思いました。
 なので、その部分には触れないまま、文章を書き起こしました。

 とはいっても、論点は変わらないんですけどね(笑)
 どちらかと言えば、造物主の下りとかが、主な考察点ですし。

 まぁ、要するに……

 「し、知らなかった訳じゃないんだからねっ!!」

 と、言いたかっただけです(笑) 

 こう書くと、負け惜しみっぽいなぁ(汗笑)
 

拍手

 前回の話を読んでいる前提で、今回は話を進めます。 ご了承下さいませ。

 魔法世界=火星。すなわち現実だとすると、
 現在において光学系などで観測されないのは何故か?
 といった疑問が、当然生じます。

 それを踏まえて、さらに一つの、大きな仮説を立ててみたいと思います。
 それは……

「魔法世界は、エヴァの別荘と同じ発想の世界にある」

 つまり、エヴァの別荘の世界版だということです。

 これならば、仮に世界サイズで球体が大きくなろうとも、サイズ的に家一軒にもならないでしょうから、
 十分、火星のどこにでも隠すことができます。

 また、210話にて8月19日の麻帆良学園の様子と、9月9日の魔法世界の様子が、交互に描写されています。
 これは、2つの時間の流れが異なる事を暗示しているのでは無いかと、捕らえることができます。

 時間の流れは同じでも「暦」は異なる ということです。

 簡単に考えると、ゲートを通ったことで「日付変更線を通った」と認識すれば良いと思います。
 時間の流れが異なる世界を繋ぐ魔法があるのだから、仕掛けによる大きな矛盾はありません。

 この仮説を成り立たせるのに、以下の情報をこんな風に考察・妄想しました。

※233話
233-08.jpg























 世界を終わらせる儀式が発動したシーンですが、これは完全魔法消去が母体となった儀式魔法であると提示されています。

 ここから私が想像したのは……

 世界が無に帰すという言葉は、すなわちいったん全てをゼロ~魔法的元素(造語)へと変換し、それを再び作り替えるものではないか?

 という推測です。 
 ※215話
215-18.jpg

















「ヤツらは世界を終わらせる」と、ラカンがクウネルの言葉を語りましたが、
この世界とは、当然、魔法世界のことです。

※220話
220-13.jpg



























 「この世界が始まったのと同じ力で、この世界に息づく魔法を終わらせていく」というセリフから、完全なる世界の造物主との繋がりが見えてきます。
そのキーワードとなるのが

 ・世界の始まり
 ・造物主と同種の力
 ・完全魔法消去
 ・黄昏の姫御子

 です。

※232話
232-09.jpg





 世界の鍵「黄昏の姫御子」とは、明日菜の事ですが、
 彼女の魔法完全消去能力が、儀式に絶対必要である事を示しています。

※233話
233-01.jpg












































 造物主とは、すなわち文字通りの意味として捉えた場合、世界を作り出したモノ、もしくは生物を作り出したモノと考えられます。
 すなわち、「始まりの魔法使い」という言葉の意味は、全てを造り出す意味があるのではないでしょうか?

 つまり、先の「世界箱庭説」を前提として考えると――

 造物主の行おうとする儀式は、明日菜の完全魔法消去を母体とし、

 全ての魔法、及び、魔法によって産まれた生命体を消去。

 全てが更地になったところで、造物主が始まりの魔法で、世界を思うように作り直す。

 つまり、
 惑星やそれに類する世界に魔法消去をかけるのではなく、魔法別荘型の箱庭をリセットして作り直す

 のではないかと、考えました。

 さらに 上の仮説より、もう少し妄想を働かせ……こんな事も考えました。

【アリカ姫と提督が語るであろう真実】

 アリカ姫が、ガトーに覚悟を問われたさいのこと。

 もちろん自国を崩壊させる意味合いも入っていたろうが、
 実はその後の政治を睨んで、他国を説得する材料として、もしくは当時の他国の執政官レベルで、

 「アリカ姫に全責任を被せる」ことを了承していたのではないだろうか?

 アリカ姫は、救国の英雄・赤き翼を抱えた国の姫である。
 もちろん国を崩壊させた亡国の姫となるわけだが、世界を救ったとなれば、当然誇ってもイイ話であるし、世界が讃えるであろう。

 ところが、蓋を開けてみれば世界を消滅させようとした大罪人。
 これは、明らかにおかしな話である。

 第一、赤き翼の面々が表だって救出にこなかったのも、おかしな話である。
 その辺りまでは、赤き翼も織り込み済みだったのではないだろうか?

 つまり「各国は国としてのメンツを得る」代わりに、戦時中でありながら手を結んで事に当たった。

 と、いう極めて政治的なお話だった、と。

 もちろん刑死は行われず、雄志によって秘密裏に解放され、アリカ姫は赤き翼に手渡されたのであろう。

 もちろん推測の話ではあるが、以下の2点を考慮に加えると、さらに穿った話が浮かびます。

 明日菜が追われるのは、もちろん

 明日菜を殺せば魔法世界の消失、儀式魔法は成立しなくなる

 故に各国の政府が、裏で刺客を要しているのは、国家安全を守るためにまず間違いのないところで。
 すくなくとも、TOPが知らなかったとしても、現代でいうCIAのような組織が、独断で動いたとかは有りそうな話で。

 逆に、完全なる世界ならば「奪取」は有っても殺害はあり得ないでしょう。

 だが、ナギと赤き翼の性格上、明日菜を切り捨てることなどできるはずもなく、国家を敵に回して追われて、
 命がけで彼女を守って闘ったのではないだろうか?

 そして、ネギの育ったウェールズの村への襲撃は、「完全なる世界」の攻撃ではなく、

 ナギをおびき寄せるため、もしくは明日菜を逃がしたナギへの、国家による報復行為だったのではないか?

 果たして、この仮説が真実を射抜いているか……
 今後のネギまを楽しみにしています。

拍手

 今回、「魔法世界の地形が火星と同じである」と明かされました。

 以前より、魔法世界が火星である説が囁かれていました。
 その根拠としては……

 1、魔法世界の地図は、火星の地形を上下逆にしたものである。
 2、火星の衛星と思われるものが、空に浮かんでいる。

 と、いうものです。

 今回は根拠1を補填する情報が提示されたわけです。
 真実は、次の情報を待つしかないわけですが、それでは芸がないので
 今までに出された情報を元に、考察をして、妄想を語ってみようと思います。

 さて火星というと、ある人物が思い出されます。
 そう、未来から来た火星人と主張していた、元クラスメイトの超 鈴音です。

 彼女の言葉に嘘がないと仮定して、事実をあげてみると……

※135話より
135-15.jpg












 もし、魔法世界=火星だとした場合、【100年後に人が住める星になる】という言葉の意味は、

 「100年後に魔法世界がある」

 
ではなく

 「100年後に、旧世界の人間が住める星になる」
 の意味だと考えられます。

 134話目で、刹那が超の腕を獲ったとき、「この時代の使い手は最新式の軍用強化服を軽く凌駕する」と発言しています。
 すると、【超は、未来からやってきたネギの子孫】が真実の場合、現世より優れた科学技術を、未来の魔法世界が有していることになります。
 すなわち、魔法文明の火星世界において、科学の技術革新が起こったということになってしまうのです。

 現状、魔法世界において、その雰囲気は見られません。
 現代科学を越える技術が、急に発達するのは考えにくいので、「100年後に魔法世界がある」より「100年後に、旧世界の人間が住める星になる」の方が、自然なのです。

※137話
137-10.jpg

















 エヴァが超の動機について語ったときに、
「丁度あっち側の「まほーの国」では、こっち側との交流を断とうとする孤立主義が台頭しているご時世だしな」
 というセリフがあります。

 超が魔法暴露をすれば、魔法世界のことが、旧世界たる現実世界にバレてしまい、ファーストコンタクトが行われたであろうことは、容易に想像がつきます。
 逆説的に考えれば、超の魔法暴露が成功していなければ、孤立主義がそのまま勢力を増し、魔法世界が鎖国に入ったとも想像できます。

※151話
151-15.jpg













 魔法世界と現実世界が接触した場合、政治的・軍事的に致命的な事態が起こることは、残念ながら当然のように想定できます。
 これが起こりえないという考えは、むしろ不自然です。

 これも逆説的に考えれば、
 超の介入無く歴史が進んでいた場合、

 100年後に火星に進出した旧世界の人間が、鎖国制度を取っている魔法世界と接触し、政治的・軍事的に大きな致命的なトラブルを起こした。

 のではないでしょうか?

 つまり、
 遠い未来において、孤立政策をとっていた火星に、地球人類が自力で辿り着きアプローチをかけた。
→そこで、不幸な出来事や文化のすれ違いなどが生じ、両世界は紛争状態に陥った。
 
 と、考えるならば……
 
 旧世界は魔法世界を侵略し、その多くを呑み込んでいたのではないでしょうか?

 その証拠としてあげる情報としては、
 麻帆良祭にて繰り出した 超が着ていた軍用強化服など、魔法ではなく科学を用いていた面が強いところにあります。

 特に多脚戦車には、【UN Mars Force】、訳すと『国連火星軍』と記されているのです。

 少なくとも、火星は地球の軍隊が常駐しているという事になります。


 これらの情報を考慮すると、
 どう楽観的に考えても、異文化交流がうまくいったとは思えません。

 つまり、超の言う「ありふれた悲劇」とは
 旧世界の移民が多く住み、魔法世界でテロなどが頻繁に起こるような、政治的に不安定で争いの絶えない
 笑顔の少ない世界が訪れていることを、指し示しているのではないでしょうか?

 ※162話
162-10.jpg











 超は、魔法バレが成功せずとも、「私の目的は既に達せられた」と言い切っています。
 つまり、なにがしかの変革は行われたということです。

 今回の超の争乱で一番大きな変革と言えば、
 ネギが強くなり魔法世界へ興味を示した。 もしくはネギに覚悟を決めさせたことでしょう。

 「僕は、僕自身の日常のために悪を行う」

 もしかすると超は、ネギが勝つことでも、未来を替えられる可能性があると考えていたのではないでしょうか?
 現に、今のネギの道筋は魔法世界に係わり、世界の消滅という大きなうねりの中に飛び込むこととなりました。
 超の性格を考えれば、事を起こした時点で負けはないと踏んでいたのではないでしょうか?

 火星=魔法世界だった場合、どんな変化が起こるのかは、超のみが知るのでしょうね。

 さて、まとまりのない大きな仮説となったのですが、
 さらに魔法世界について、後編で考察・妄想を拡げてみたいと思います。

拍手

 はい、今回も……話の決着はどこかへ飛んでいってしまいました。

 前回、ネギが刹那とこのかに、明日菜の重大な秘密を打ち明け始めた場面だったと思ったんだけど……

 そんなコトはなかったぜ!(爆)

 思えばいろんな事がおざなりで……

その1: フェイトのアジトへ突入まで、残り30時間
その2: アジト突入までに、ネギとパクティオーせよ!
その3: 夕映の記憶と合流
その4: 明日菜の秘密をこのせつに話す

 次々に持ち上げては置き去りにする展開は、ストレスがたまりますし、
何より、後々の展開に合わせて、説明の話などを振った場合、【後付け設定】の展開に見えかねないと思うんですよ。

 前回の煽りが、次回の頭に繋がらないんじゃ、せっかくカタルシスを産んでも消化されないんで、
 読者を煽るのも良いけど、せめて半々ぐらいにしないと、「またかっ」て事になると思うんですよね。
 実にもったいない話だと思うんだけどなぁ。

さらに……

その5: この魔法世界は火星……か?

 ってコトにならないといいなぁ。
 次回、火星の話を飛ばして、頭から舞踏会の話じゃないことを願ってます。

 

 さて、クラスメイトに関してなのですが……

 あと30時間未満でフェイトの所へ決戦におもむき、
囚われのアーニャ(現時点で不明だが、バッチの行方と夕映)を救うことも。

 夕映が記憶喪失だが無事だったことも、

 明日菜が斬られるような危険な相手だと言うことも

 考えもせず

 大はしゃぎでオシャレして、物見遊山気分で舞踏会へと行こうとするのは、いかがなものだろうか?

「ウチの王子様が、ほぼ地上最強の男状態の上、各方面のコネもスゴイんで」

 少し前まで奴隷の身分のクラスメイトを、ネギ達が文字通り、血反吐を吐いて助けたのを見ていたはずなのに、
 どれほど危険なことなのか、どれほどヤバイ状況なのか理解していないのは、首を傾げたくなります。

 また、消息不明だった夕映の無事を、誰一人喜んだ描写がないのは、おかしくないでしょうか?
 亜子達とまき絵達がレストランで合流したときは、抱き合って涙流して喜んだのに。

 特にハルナ……夕映の親友だろう?
 おもしろさ追求より、もっと喜ぶべき所があるだろう!?

 おちゃらけて流れを深刻な方に持っていかないためとか、
萌方向へのムードメーカーとかの立ち位置にしているんだろうけど、
 私的にはキャラの好感度が下がりまくりです。

 ラブ臭言っていた頃のハルナは好きだったんだけどなぁ……


 まぁ、それはそれとして……
 キャラクターのドレスアップは良かったですよ。

 特に、普段服装が替わらないさよちゃんは新鮮でした。
 地味スキルと実は中身が乗っていますで、次回以降、大活躍の予感がします。

通常斬魔剣→さよゴーレム大破→コアファイター脱出!

 で、ネギのピンチを救ったり、ポルターガイストで舞踏会で混乱を誘ったり。
 実はパクティオーせずとも、武器とかがなくても、特殊能力が使えるってのは、地味に強いと思います。

 あと、次回以降活躍しそうなのは、夏美とハルナと予想。

 夏美はなんといっても演劇部ということで、あのメンツの中で、唯一「社交ダンス」が踊れそうな気がするんですわ。
 そうなると、舞踏会では脇役の悩みを吹き飛ばし、念願の主役になれるんじゃないかと。

 後はハルナは、アーティファクトが大活躍しそうなんですよね。
 親友すらだませるクオリティのダークのどかや、ヌギ・スプリングフィールドで総督をダマして、裏で動くとか……してくれると、嬉しいのだが。 無理かなぁ?

 火星とかの考察については、ちょっと長くなったので次回以降に回します。

拍手

忍者ブログ [PR]